夏を快適に乗りきる

コメント(0)

なつばて.jpg□夏を快適に乗り切る

日本の夏は暑さだけでなく湿度が高くなることも私たちにとって大敵です。体がだるい・疲れやすい・食欲が無くなる・気力の低下などを感じませんか?夏バテははっきりとした症状が少ないために気づきにくい事が多いようです。年々最高気温を更新する酷暑ですが、少しでも夏を快適に乗り切りたいものです。

 

□夏のだるさはどうして起こるの?   主な原因と対策法

1.脱水症状(体内の水分やミネラルの不足) など

気温が上昇すると体温も上がるため、身体は汗をかいて体温を下げようとします。汗と一緒に水分やミネラル分も体外へ排出してしまいます。そのため身体に必要なミネラル分も失われてしまいます。意識して水分やミネラル補給を行なってください。また夏バテ?と感じる前にエネルギー効率を高め疲労回復に関与するたんぱく質やビタミンB1など補いましょう。枝豆は大豆と野菜の栄養素を併せ持っているのでおススメの食品です。他にも豚肉、うなぎ、レバー、にんにく、にら、トマトなどです。例えばご飯+豚肉、ご飯+ウナギなどの組み合わせが夏バテや夏風邪予防にも最適です。

 

2.室内と外気の気温差

  気温差により、本来備わっている体温調節機能など、かなりの負担がかかり自律神経の

働きが乱れることがあります。それに伴い身体は不調をきたし頭痛、肩こり、腰痛、手の

しびれなどが起こります。外気との温度差は5℃以内を目安にしましょう。


3.睡眠不足
  季節ごとの睡眠調査をみると、夏が一番短くなるという結果があります。睡眠時間などをキープするための方法としては寝具の材質を変えてみるのも良いでしょう。リネンは吸湿性、放湿性に優れた機能があります。例えば、パジャマやシーツの素材をリネンにかえてみるのも一つの手段です。エアコンは我慢せずにタイマーをセットして寝るのも良いでしょう。暑いからといってシャワーだけで済まさずに、ぬるめのお湯に浸かることがポイントです。

 

□家で快適に過ごすためのひと工夫  外からの日差しや光を遮る

・すだれの活用 

日本の古来のイメージがありますが、モダンなタイプを選べばインテリアとしても使用できま

す。

・緑のカーテン

ここ数年大きく注目されていますがゴーヤやアサガオの植物を使って日差しを遮る方法です。ゴーヤは日差しを吸収してくれる上に更に収穫した実にはビタミンCをはじめ苦味の成分モモルデシンやチャランチンが含まれていて胃液の分泌を促し食欲増進に働きます。緑のカーテンは省エネにもなるので、地球に優しいエコロジーと社会貢献になります。

Comment

コメントの投稿

Copyright (C) 2012 Yes ii. All Rights Reserved.