生活のリズム

コメント(0)

目覚まし時計.jpg

早寝をいましめることわざに『早起きは 三文の徳』があります。早起きをすれば、健康にも良いし、それだけ仕事や勉強がはかどったりするので得するということです。長い休みの間に夜更かしの習慣がついてしまうと体のリズムが崩れてしまいます。不規則な生活が続くと休み明け、朝になっても起きられなく、夜になっても寝つけなくなってしまうことがあります。生活のリズムを整えるためには、早寝とともに心がけたいのが早起きです。人間は早起きをして太陽を浴びると、体のリズムが乱れずにそのリズムを保つことができます。

 

■早起きすることのメリット

朝、十分な時間が確保できるので朝食もゆっくり食べられる。

脳の栄養分であるブドウ糖を摂取することで脳が活性化する。 

生活のリズムが整うことで、精神的にも余裕が持て心のバランスを保つことができる

1日の時間が有効的に過ごせる などなど

 

私たちは眠ることで1日の疲れをいやしています。暗くなると目に入ってくる光の量が減少します。脳はそれを感知すると眠を誘うホルモンである(*)メラトニンを分泌して眠くなります。睡眠は1日の疲れを癒したり、脳内では情報の整理もしたりしています。

(*)メラトニン 

暗くなるとたくさん分泌されるホルモンです。この物質は体内時計の調整を行い、睡眠を促して体を休ませる働きがあります。

 

■睡眠をとるための3つのポイント

・寝る前のテレビやゲームを避ける

・寝る前の熱いお風呂は避ける

・昼間は身体を動かすようにする

Comment

コメントの投稿

Copyright (C) 2012 Yes ii. All Rights Reserved.