紫外線対策

コメント(0)

紫外線1.jpg

紫外線によるダメージが肌の老化(光老化)を早めることが明らかになってきました。肌はわずか数分間浴びただけでもダメージを受けますが、長い間浴び続けることでシミ、シワ、タルミなどを引き起こします。加齢による自然老化は避けにくいのですが、それ以上に光老化の影響が大きいと考えられています。

 

体の中から紫外線対策

シミやシワなどの対策には紫外線防御や紫外線の害が蓄積しにくい身体をつくることが大切です。紫外線を浴びると体内に活性酸素が発生します。活性酸素とは通常の酸素分子よりも、不安定な状態になっている酸素のことです。安定した分子になるために他の分子とくっつき細胞などを酸化させてしまいます。人はもともと体内で発生する活性酸素を消去する酵素を持っており活性酸素の害から体を守る機能があります。しかし加齢とともにこの機能も低下してきます。食生活のなかで活性酸素を消去する働きのあるビタミンA(β-カロテン)、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類などを取り入れることは光老化を防ぐことにつながります。    

 

抗酸化作用のある栄養素を摂取

抗酸化作用のあるビタミンにはビタミンA(β-カロテン)、ビタミンC、ビタミンEがあります。

ビタミンCはシミの元になるメラニンが過剰に作られるのを抑えて、色素の沈着をおきにくくします。また皮膚を構成するコラーゲンの生成を促進して、肌荒れを防ぐ働きもあります。

特に喫煙者やストレスを強く感じる人などはビタミンCを消費しやすいので積極的にとるようにしましょう。ビタミンEは抗酸化作用の他に、血液の流れをよくする働きもあるため新陳代謝を高めて皮膚のターンオーバーを正常に保ちます。ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保ち健康維持に関与しています。抗酸化作用があるβ-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変わるので、β-カロテンを効率良く摂取することを心がけましょう。

 

Comment

コメントの投稿

Copyright (C) 2012 Yes ii. All Rights Reserved.